HOME > 診療科目 > 予防歯科

予防歯科

予防歯科

「予防歯科」なんて自分には関係ない、と思っている方はいませんか?

忙しいなどの理由で虫歯や歯周病がひどくなるまで放置してしまっている方は多いと思いますが、「定期健診を受けている人」と「歯が痛い時だけ通院している人」では、歯を失う本数が40代で3倍、60代以上で10倍の違いがあるという研究データがあります。

是非この機会に、予防の習慣をつけてみてください。何年か後に必ず、やっていてよかったと思って頂けるはずです。

当院では、虫歯や歯周病にならないために、患者さんのお手伝いをさせていただきます。歯のホームドクターとして、ご家族皆さんのお口の健康をお守りします。

※ 新庄文明氏(長崎大学大学院医師薬学総合研究科教授)が大阪大学医学部公衆衛生学教室在籍中に行った研究

予防歯科の治療

定期健診

虫歯も歯周病も早期発見・予防が大切です。半年に1回程度、お口の中を丁寧に診察いたします。

歯のクリーニング・歯石除去

通常の歯磨きでは落ちない汚れや歯石を、専用の器具で綺麗に落とします。
歯石の部分には、細菌が巣くって歯肉に炎症を起こし、歯肉炎から歯周病へと進むため、歯石除去は歯周病予防・治療としてとても大切です。

ブラッシング指導

患者さんお一人お一人の歯の形状に合った歯ブラシを選び、効果的なブラッシング法を指導します。特に大人の方には、歯周病の改善や予防に効果のある「歯肉若返りブラッシング」をお薦めしています。

歯肉若返りブラッシング

歯肉を若返らせるとは・・・

健康な歯肉は引き締まったピンク色をしていますが、歯周病に感染すると赤くぶよぶよした状態になり、歯肉から出血することもあります。歯周病の大きな原因は、加齢によって歯肉の縁まで新鮮な血液が行き渡らなくなり、歯肉の粘膜が弱くなって細菌に感染しやすくなることです。

歯肉の先端は血管がきつくUターンしているため、血液がうまく流れずよどんでうっ血し、歯肉が弱ってしまうのです。そんな歯肉を、若々しい健康な歯肉に戻す方法が「歯肉若返りブラッシング」です。

通常の歯科医院で指導されるブラッシングは、「プラークコントロール」といって歯周病菌のかたまりであるプラーク(歯垢)を歯ブラシで丁寧に取り除く方法ですが、この方法だと毎回15分以上も時間をかけなくては効果が出ないため、多くの方が挫折してしまいます。

「歯肉若返りブラッシング」は、そのように歯周病菌を取り除くのではなく、菌がいてもそれをはね返す丈夫で健康な歯肉を作るブラッシング法です。2分程度の短い時間で効果的に歯周病を予防することができますので、是非ためしてみてください。

「歯肉若返りブラッシング」のやり方

歯肉若返りブラッシング01
歯肉の縁は、血管がきつくUターンするところなので、すぐに血液の渋滞(うっ血)が起こって、新鮮な血液が歯肉の先まで届かなくなり、細菌のすみかになりやすくなります。

歯肉若返りブラッシング02
歯ブラシを、歯肉の縁より少し下にあて、少し強めに圧迫すると、歯肉の血管はいったん平たくなり、中に渋滞していた血液は先のほうに流れだします。

歯肉若返りブラッシング03
毛先で圧迫しながら、歯肉の中の血液を縁の方向に押しやるように、歯の先端に向けてブラッシングします。毛先が歯肉を離れると血管は解放され、新鮮な動脈血が流れ込んできます。これを何回も繰返します。

(出典:「抜かず削らず歯を治す」 齋藤季夫著)

「歯肉若返りブラッシング」のポイント