HOME > 診療科目 > 一般歯科

一般歯科

一般歯科

歯科の二大疾患といえば虫歯と歯周病です。
当院では、できるだけ抜かない、削らない治療をおこなっており、虫歯は極力削らずにきれいに治します。

また歯周病でグラグラした歯も患者さんと相談しながら、なるべく抜かずに固定して動きを止め、少しでも長く自分の歯でかめる様にする治療も行っています。

できるだけ削らない治療

コンポジットレジン修復で削らず治す

従来の虫歯の治療は、虫歯の部分だけでなくその周囲の歯を大きく削ってインレー(詰め物)をつめる方法が一般的でした。これは、インレーが取れないような形に穴を掘る必要があるためと、インレーと歯の境目に虫歯ができないように「予防拡大」として削るためです。しかし健康な歯の部分を削る量が大きいと、それだけ歯は弱くなってしまいます。

これに対し、当院でおこなっているコンポジットレジン修復では、虫歯の部分だけを削り取り、コンポジットレジン(白い樹脂素材)を充填することで、歯を削る量を従来の1/4程度に減らすことができます。

コンポジットレジン修復で削らず治す

コンポジットレジンによる虫歯の修復治療は近年普及してきており、多くの医院でもおこなわれていますが、当院では極力削らない方法と、きれいな仕上がりを特徴としています。

また、虫歯治療だけでなく、歯のすき間や歯のない部分、ケガで欠けた歯なども、同様にコンポジットレジンで修復することができます。 

CR接着修復法・歯のすき間をふさぐ
CR接着修復法・抜けた前歯をつくる
CR接着修復法・抜けた奥歯を補う

歯の根元のくぼみを修復

歯の根元のくぼみを修復

長年、歯ブラシを横に動かして歯みがきをしていたために、歯の根元(歯頸部)が削れてくぼみができている方がいます。「歯頸部楔状欠損」といい、くぼんだ部分は、冷たいものがしみるなどの知覚過敏を起こします。

このような場合でも、コンポジットレジン修復により、欠損した部分だけにコンポジットレジンを詰めることで、修復と同時に知覚過敏もいっしょに治すことができるようになりました。

歯周病の治療

グラグラした歯も抜かずに固定

歯周病は、歯周病菌の感染が原因で歯肉が炎症を起こし、さらに進むと歯の土台の骨が溶ける病気です。

歯周病が進行してグラグラした歯は、放っておくと抜けてしまいます。また、抜ける前でも、従来の治療法では歯を残せないと判断して、抜いて入れ歯やブリッジにする方法が一般的でした。
しかし、グラグラした動揺歯を固定して抜かずに治療することが可能な場合があります。歯を抜かずに動きを止め、よく噛めるようになるので、とても喜ばれている治療法です。

歯周病を改善する「歯肉若返りブラッシング」

グラグラした歯を固定する治療をおこなっても、それだけでは歯周病の進行を止めることはできません。

固定と同時におこなっていただくのが、歯肉を健康な状態に戻すためのブラッシングです。「歯肉若返りブラッシング」をご自宅で毎日おこなっていただくことで、歯肉を健康な状態に戻し、歯周病を改善することができます。

歯周病が進行していない方も、予防のためにこのブラッシングをお薦めしています。詳細はこちらをご覧ください。 

歯肉若返りブラッシング

治療費

治療費

上記以外にも、セラミック治療や義歯など、様々な治療をおこなっています。
治療は保険診療を前提にしていますが、セラミックなどの素材や一部の治療は自費診療となります。
自費の治療費については、こちらをご覧ください。 

自費治療費