HOME > CR接着修復法(コンボジットレジン) > 変色歯を白くコーティング

変色歯を白くコーティング

(症例)歯の表面にコンポジットレジンを塗って白くする

歯の表面にコンポジットレジンを塗って白くする

患者さん 58歳 男性  前歯が1本茶色く変色しています。
治療概要 変色歯の表面にコンポジットレジン(CR)を塗り、白くコーティングしました
治療回数 1回

CR接着修復法の変色歯コーティングのしくみ

CR接着修復法の変色歯コーティングのしくみ

変色した歯の表面をわずかに削り、白いコンポジットレジンを薄く塗り研磨して仕上げます。変色が強い場合には、厚く塗るため、歯の表面をエナメル質内で削る場合もあります。

他の治療法との比較

変色歯を白くする治療として、一般的には薬剤で色素を分解する「ホワイトニング」や、歯を削って人工歯を被せる「セラミック治療」がおこなわれています。CRコーティング法と比べてみてください。

ホワイトニング治療との比較

黄ばみが気になる程度の場合は、ホワイトニング治療で綺麗に白くすることができます。薬剤を歯に塗布して化学反応で色素を分解する方法で、当院でもおこなっておりますのでお試しください。 

ホワイトニング

しかし、変色が濃くホワイトニングでは十分に白くならないようなケース(歯髄が死んでいる場合や、テトラサイクリン系抗生剤の副作用による変色歯などの場合)では、CRのコーティング法がお薦めです。

セラミック治療との比較

セラミック治療との比較

ホワイトニングでは十分な効果がない歯の場合、一般的には歯を削ってセラミックの人工歯を被せる治療がおこなわれています。

歯の周囲を削って差し歯にする方法や、歯の表面だけを削って板状のセラミックを貼りつけるセラミックラミネート法がありますが、いずれも歯を削らなければなりません。

これに対し、CRのコーティング法なら、歯をほとんど削らずにマニキュアのように薄く塗ることで白くすることができます。(変色が濃い場合は、コーティングを厚くするために、歯の表面を削る場合もあります)

変色歯コーティングの治療費

CRのコーティング法は審美治療であり、また治療技術も特別なテクニックとなるため、自費診療でおこなっています。

変色歯のコーティング治療費(1本分)

30,000円~(税別)

その他の症例を見る